一釣入魂

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。

テーラー仕掛けとパロマーノット

僕が使っているヤリイカ釣りの仕掛けについて触れておきます。市販されているヤリイカの仕掛けと言えば、仕掛けの全長が長いので竿が4.5m以上の長い竿でなければキャストも難しく扱いづらくなります。

 

でも、この仕掛けなら2m以下のルアー竿で扱えますし、長い竿よりキャストの飛距離もコントロールも良くなります。だからって釣れるかどうかは別問題ですが (;^_^A

 

留萌・増毛港のヤリイカは基本的にウキ釣りです。写真でご説明してみたいと思いますが、まずは竿のガイドを潜らせたリールからのラインに直接ウキ止めをつけます。黄色がリールからのラインで赤い糸がウキ止め糸です。ウキ止めの部分はキャスト時と巻き取り時に竿のガイドを出たり入ったりするので必ず糸タイプを使用してください。ゴムなどを使うとキャスト時に竿のガイドに当たって飛距離がかなり落ちます。↓
f:id:turikouta:20180427115153j:image

糸タイプのウキ止めは濡らして絞ってからキャストしてくださいね。ウキ止め糸をつけたら今度はウキスナップをラインに通します。それからテーラーを付けるためのサルカンスナップを取りつけます。↓
f:id:turikouta:20180427115215j:image

f:id:turikouta:20180427115243j:image

スナップとラインの結び方についても簡単に説明しときます。結び方は超簡単 (^-^ゞ

 

僕がいつもイカ釣りに使っている結び方は「パロマーノット」っと呼ばれている結び方で、難しくなく初心者の方でもスグ覚えることができますよ。

 

わかりやすいように電気の線とハサミで説明します。ハサミの指を突っ込む部分がスナップのラインを通す丸い部分だと想定してください。電気の線がラインです。
f:id:turikouta:20180427115312j:image

2つに折ったラインをスナップに通して、普通の玉結びの要領をしてください。次にラインの輪になっている先端にスナップ全体を潜らせて、あとは根本まで絞るだけです。
f:id:turikouta:20180427115336j:image
f:id:turikouta:20180427115356j:image

太い線を使っているので見た目は悪いですが、とても簡単に出来る一般的なノット結びです。
f:id:turikouta:20180427115414j:image
f:id:turikouta:20180427115429j:image

ウキ止め糸、ウキスナップ、サルカンスナップを取りつけたら、あとはウキとテーラーをつければ完成です。
f:id:turikouta:20180427115458j:image

こんな状態↓
f:id:turikouta:20180427115516j:image

ウキ止め糸をテーラーから3m離そうが5m離そうが、2m以下の竿でキャストできます。あとはテーラーとウキを竿先まで巻いてください。

 

竿先まで巻いた状態↓
f:id:turikouta:20180427122840j:image

ウキとテーラーが一緒になり、ギリギリまで巻いてキャスト出来るハズです。

巻いた時にウキ止め糸はスプールの中に巻かれているハズです。ガイドを出たり入ったりするので、ウキ止めに糸を使った理由はこれが理由です↓
f:id:turikouta:20180427122902j:image

増毛港でも、最近はかなり見かけるようになってきた仕掛けですが、もう15年か20年前からこのやり方でイカ釣りを楽しませていただいています。タナも狙え、飛距離も稼げ、コントロールもしやすい仕掛でした。