一 釣 入 魂

「立つ鳥跡を濁さず」を信条に釣座を構えさせていただいてます。

4.1 留萌港 ニシン釣り

3日前の木曜日、自分が載っている釣り新聞を見て友人から電話が入りました。会話の中身は「臼谷の平物」と「留萌のニシン」でした。ポツポツ釣れているみたいだけど、まだまだ群れは小さいと友人が教えてくれました。

 

ニシンも朝から釣りたかったけど、今回は磯を少しやりたかったので!朝イチは汐岬に入釣してましたが...

 

実際にニシンに釣行してみたら、確かに型は良いですが群れはまだ小さい印象です。留萌のニシンと言えば、港内がニシンで埋め尽くされるほどの魚影になりますが、この日の釣果は3時間で14尾でした。大漁ではありますが、ニシンの横走り現象を経験している僕からするといつも物足りなく感じてしまいます。贅沢なんでしょうケド...。

 

(/・ω・)/  <゜)))彡
f:id:turikouta:20180402125356j:image

増毛の汐岬から午後1時過ぎに留萌港に到着。投げ竿の4.25mを1本だけ自動しゃくり機にセットしました。ルアー竿にはサビキ仕掛けを付けて、留萌港では主流ではない投げサビキ釣りに挑戦してみました。

 

仕掛けはのちほどアップします。
f:id:turikouta:20180402125411j:image

投げ竿を使った理由は...磯竿を忘れたから (笑) でも、型物が多かったので竿調子の磯竿より投げ竿の方がバラシが無く結果的に良かったのかもしれません。型物は重いので、磯竿だと上げた時に竿の反動がつきやすく魚が暴れてバラシてしまうこともあります。そんな時は竿先の硬い投げ竿の方が良い時もあります。
f:id:turikouta:20180402125426j:image

 途中から、しゃくり機に竿を2本セットしましたが釣れる竿は1本だけ!反射板をボトムに取り付けて、集魚ライトも付けた仕掛けの方ばかりにニシンがヒットしました。ニシンはホント素直だなぁ~って(笑)

 

汐岬で残っていた撒餌のアミピュアを袋から直接すくって撒きましたが、あまり釣果にに反映しなかったかも...。しゃくり機のバッテリーが充電切れになったので、午後4時に納竿しました。次の日曜日も留萌港にニシン釣りに行く予定ですが、きっちり磯竿とバッテリーを準備して釣行したいと考えています。

 

(#^.^#)

 

ニシン釣りの最中、僕のブログを読んでくれている釣り人さんからお声をかけていただきました。こんなブログでも読んでくれている人がいるって実感できて、とても嬉しかったですよ( *´艸`)ありがとうございました。またお会いする機会があるかもしれませんね、その時はご指導のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

釣果です↓
f:id:turikouta:20180402125437j:image留萌港のニシン、昨年より2週間早いです。昨年は4月の下旬近くに25cm前後がポツポツ釣れ始めました。今年より魚影は薄かったと思います!そして、5月の連休中に「ニシンの横走り」が南岸で確認されています。左岸から順番にニシンの「すだれ掛け」がありました。僕も30分で25尾のニシンを釣らせてもらいましたが、今年の春ニシンはどうなるんでしょう?。

 

いったん落ち着いてから大群が来る?

 

このままポツポツで終わる?

 

一気に群れが濃くなる?

 

誰にもわからないけど...

 

トドの異常発生、チカの遅れ、コマイが好釣、海水温が高いのか...外海の天敵であるトドに追われて早めに留萌港にやってきたのか?

 

いつニシンが終わるかわかりませんので、早めに釣っておいた方が良いかもしれませんよ(笑)