一釣入魂

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。

留萌~増毛のポイントを見物

4月1日、留萌市の礼受漁港に釣り人への新たな注意書きがありました。
f:id:turikouta:20180403140041j:image

礼受漁港では一番人気の最奥の角地になります。近年、釣り人のマナー問題が指摘されていますが、僕もツイートでは度々マナー問題に関して僕なりに主張させていただいてます。

 

ブログでもこれからは書かせていただきます。かなり反発もあるかもしれませんけどね。釣り人のライセンス制に関しても、たとえ僕自身がライセンスを取れなくて釣りが出来なくなったとしても受け入れる覚悟はあります。

 

すべては大好きな魚釣りのため

 

(^-^)

 

マナー問題に関しては、また違う機会にたっぷり語りたいと思います。

 

この日は朝から、留萌港、瀬越海岸、浜中海岸、阿分漁港、箸別海岸、増毛港、釣り人の様子を見ながら、前回の記事でも書いた汐岬の磯に向かいました。

 

留萌港はしゃくり機がズラリとならんでました。情報通りニシンが入りましたね↓
f:id:turikouta:20180403141827j:image

瀬越海岸は入釣者なし↓

時化てましたからね (>_<)

f:id:turikouta:20180403140005j:image

浜中海岸は珍しく入釣者あり↓

釣果は聞いていませんが、投げ釣りでカレイ狙いのような感じがしました。

f:id:turikouta:20180403140021j:image

釣り突堤は入釣者なし↓

そろそろアメマスも狙えるはず。
f:id:turikouta:20180403140103j:image

箸別川河口は2人の入釣者を確認↓

ルアーを振られてました。
f:id:turikouta:20180403140133j:image

この日の留萌と増毛は時化てたせいか、港以外の海岸線は入釣者が少なかったようです。増毛港はチカ釣りの方が10組くらい、防波堤には5組~6組くらいライトフィッシュの釣り人がいました。増毛港のチカは10cm~15cmで多い人は50尾くらい釣ってましたよ。

 

浜中海岸や箸別川河口や舎熊海岸ではアメマス、サクラマスが4月~5月にかけて狙えます。マス釣りに関して以外と釣り人が少ないのは、瀬越海岸に3ヶ所ある釣り突堤です。ただし、トドが見えたら期待薄かもしれません。

 

僕の4月は、ニシン、ホッケ、日曜日のスケジュールはすべて埋まってしまいました  笑。