一釣入魂

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。

自動シャクリ機の実釣テスト

1月20日、土曜日の夜は留萌の南岸でした。17日にも来ている留萌港の南岸!20代で本格的に釣りを始めてから何百回と来ている僕のホームでもありますので、海底の起伏や潮通りなどは熟知しているつもりです。それでも魚のご機嫌に苦戦する時も多々あります。だからこそ、釣りの虜になってしまうのでしょうね。

 

強風、悪天候、20時~22時30分くらいの釣りになりました。今回は改良した自動シャクリ機の1号機を使用してニシンを狙いました。前回の初釣りで小ニシンの魚影が濃かったので、あわよくば良型のニシンも狙えるかと思いましたが甘かったようです。

 

↓自動シャクリ機
f:id:turikouta:20180123210548j:image

まずは前回と同じポイントで釣座を構えましたが、反応は小ニシンとチカがポツポツ。風も強く、雪が横殴りで襲ってくる中での我慢比べになりました。波はありましたが、潮の動きは鈍くて活性も高そうには感じませんでした。撒餌を打てども寄るのは小ニシンがメインでポツポツ・・・

 

天候が悪いせいか、釣り人の姿もまったく見えず、あのデカイ留萌港が貸切状態でした。コマイもピークはとっくに過ぎ、ニシンも終わりの時期ですから仕方ないのかもしれません。
f:id:turikouta:20180123211355j:image
f:id:turikouta:20180123211423j:image

餌は撒餌のみ!シャクリ機の高速モードでボトムを叩いて、小ニシンが約65尾、チカが17尾の釣果になりました。
f:id:turikouta:20180123211639j:image
f:id:turikouta:20180124111549j:image

この時期のチカとニシンは美味しい🎵

シャクリ機の動きも良かった!コンパクト化したことで5m以上の竿に対応できるか不安もありましたが、なんなくシャクってくれてました。次にシャクリ機を使うのは4月辺りかなぁ!再びニシンがやって来ます😊

 

お疲れさまでした。