⚓一釣入魂 ⚓

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。基本的にキャッチ&イート、誰も居ない場所で狙った魚種を狙った釣法で釣り上げることにロマンを感じ無駄な数釣りは控えています。釣りは立つ鳥跡を濁さずが信条です!港や海岸、自分の釣り場は汚さずに綺麗にして納竿することが釣果よりも大事な釣道だと信じています。ごく稀に石狩やオホーツクにも遠征しますので釣り場でお見かけした場合は遠慮なくお声掛けしてください。

状況に応じたライン選び

様々なライン(釣糸)があります。基本的なことはネットで検索すると載ってます。僕の場合は、北海道って地理条件から夏と冬でラインを使い分けていますし、磯場ではナイロンの使用が多く、港ではPEやフロロも使います。

 

PEは引っ張りには強いですが、摩擦には非常に弱いラインなので磯場などには使いません。感度が良く、沈下速度も早いのでロックフィッシュに使われている方が多いと思います!その辺りはチョイスするルアーやジグで調整しています。フロロも同じような感じです。

 

昔はPEも使っていましたが、行き着く先はナイロンラインになってます。釣り場、魚種によって使い方も人それぞれですよね。

f:id:turikouta:20180107082652j:image

冬の北海道は、ナイロンラインをオススメします。PEは放置すると凍ってしまいます💦キャストする度に海水を拭き取らないと凍って傷みが激しいのでオススメはしません。北海道でも地域によりますが、僕のホームでは朝になると凍ってカチカチになってることがあります。 😆  笑。季節、魚種、釣り場、状況に応じたライン選びはとても重要です。