⚓一釣入魂 ⚓

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。基本的にキャッチ&イート、誰も居ない場所で狙った魚種を狙った釣法で釣り上げることにロマンを感じ無駄な数釣りは控えています。釣りは立つ鳥跡を濁さずが信条です!港や海岸、自分の釣り場は汚さずに綺麗にして納竿することが釣果よりも大事な釣道だと信じています。ごく稀に石狩やオホーツクにも遠征しますので釣り場でお見かけした場合は遠慮なくお声掛けしてください。

群れる魚はこうゆう釣り方もある

群れで泳ぐ魚の釣り方について1つ。

振り出し竿を2本キャストして、1本に魚信(アタリ)があったらすぐ取りこまないで、魚信の無い方の竿を上げてみてください。そして、魚がついてる方の仕掛けのそばにキャストしてみます。後でキャストした竿に魚信がきたら、最初に魚信があった竿を巻いて魚を取り込みます!取り込みが終わったら再び同じポイントにキャストして、その竿に魚信があったら、もう一本の竿を取り込みます。常にどれかの竿に魚が掛かってる状態にしとくのも1つの釣り方としてあります。

これは群れで回遊している、コマイやホッケ、カレイなどに有効な時があります。まぁ、2本同時に魚がヒットしているわけで、忙しい釣りにはなりますし...キャスティングの正確性が求められます。

下の写真は今年の6月、留萌港でまさかまさかのホッケを釣った時のものです。時期的にもポイント的にもホッケではない釣りでしたが、この記事で書いた釣り方で、僅かなホッケの群れを狙い撃ちして10分ほどの間に6本上げることができました (*σ´ェ`)σ


f:id:turikouta:20171204211724j:image