一 釣 入 魂

「立つ鳥跡を濁さず」を信条に釣座を構えさせていただいてます。

今週末は氷下魚の釣査っす

12月2日の土曜日の夜は「カンカイ」を狙って、留萌港か増毛港に出向くつもりです。氷下魚(コマイ)は、「カンカイ」型の小さなコマイは「ゴタッペ」とも呼ばれています。日本海の留萌・増毛では、11月下旬から1月下旬くらいまで狙うことができます。留萌港では7月~8月にかけて「夏コマイ」も昔は釣れましたが、今はそのポイントも立入禁止になっていますし、近年は上がるコマイの数もそんなに多くはありません。留萌と増毛をホームにしている僕にとって、コマイは冬のこれからが本番って感じがします。

 

今年はオホーツク海で異常?みたいにコマイが釣れてましたね!僕も紋別港で釣らせてもらいましたが、1日やってたら500尾や600尾はあっという間に釣れてしまう勢いでした。きっと港の中はカンカイだらけだったのでしょう!!。下の写真は7月と8月に釣行した紋別港のカンカイです。型は小さかったのでゴタッペですが、小一時間程度で50尾ずつの釣果と、数釣りを楽しむことができました。

 
f:id:turikouta:20171130090006j:image


f:id:turikouta:20171130085454j:image

 

留萌・増毛では、このコマイの良型がこれから釣れます。今年のオホーツク海みたく入れ食いって感じではありませんが、夜釣りでポツポツと二桁、多い人は20尾~30尾とか釣ることが可能です。なにより楽しいのが、3年物の30cm、35cm級の尺コマイが釣れることです。

 

コマイ釣りの餌はイソメが一般的です。サンマでも釣れますが、数釣りを楽しむならイソメの方が良いと思います!サンマとイソメの相掛けでは40cm級のオオマイも釣れることがあります。一般的に売られている仕掛けのオススメは下の写真の仕掛けです!留萌・増毛では実積のある仕掛けですよ♪。

 

f:id:turikouta:20171201074718j:image

 

例年だと石狩以北では、羽幌や苫前などが早くコマイが釣れ始めます。羽幌や苫前でコマイが釣れたら留萌・増毛でもチャンスがあります。コマイは夜行性なので基本的に夜釣りがオススメですが、活性が高ければ昼間でも数上がりますよ!ただ、「エサ盗り名人」の異名を持つコマイですので、竿先をしっかり見ることと鈴などを付けて合わせをした方が良いかも!コマイがエサを飲み込んだアタリと、フックした時のアタリを見分けることが早めに出来れば爆釣も夢ではない魚種です。

 

今年の1月にも増毛港と留萌港に2回ほどコマイ釣りに行きましたが、ハゼとカワガレイしか釣れず撃沈でした!他の釣り人さんも皆さん口を揃えて「今年はダメだ」と言っておられました!渋かった冬、オホーツク海の異常発生、そして今年の留萌・増毛は?。

 

週末に釣査してまいります。

 

港の中でも、冬の釣行は雪で滑りやすいので気をつけてください。除雪をして足下の確保をするなどして、皆さんも安全第一でライフジャケットを着用して釣りを楽しんでください。

 

ではでは♪ (#^ー°)v