一釣入魂

北海道の日本海、留萌方面でチカやサバなどの小魚から、イカやメバルや秋鮭も追いかけてます。旬の魚を追い求めて海釣りを楽しんでいる釣り人です。

僕なりのカジカの釣り方

カジカを釣りたいアングラーも多いのでは?ロックフィッシュの中でも根強い人気がある魚種ですよね。今回は、僕なりのカジカの釣り方について書き留めておこうと思います。

 
f:id:turikouta:20171129191134j:image

良型のアブラコ(アイナメ)に比べると引きは弱いですが、この時期に岸寄りしているカジカは40cm越えも珍しくなく、重量感があるのでタモの準備が必要です。ベイトを積極的に追い回す魚ではありませんが、テトラポットや岸壁の緣に隠れていることが多いので港内のチョイ投げや岸壁沿いの真下でも釣れちゃうことがよくあります。ロッドパワーの強いものをおすすめします。

 

意外と釣れやすいんです(*σ´ェ`)σ

 

餌は、イカゴロ、サンマ、カツオ、イソメ、その他色々...カジカは秋鮭と似ていて何でも食べるイメージが僕にはあります!港内の投げ釣りの場合は、サンマとイソメの合掛けと、イカゴロ仕掛けの2本を近いポイントにキャストすることが多いかな!近くにキャストする場合は、仕掛けがオマツリする可能性もあるので、2本共に同じ重さと形のオモリを必ず使ってください。同じ重さと形状のオモリなら、流されても両方が同じ流され方をするので仕掛け同士が絡む確率も低くなります。港内だと潮も遅いので餌持ちの悪いサンマでも十分です、潮の早い磯場ではカツオの切身、イカゴロ、餌持ちの良いアカハラの切身を使ったりしています。

 

イカゴロや身厚のカツオを付ける場合、針先を必ず餌から出すようにしてください。カジカは餌を丸呑みにします、針先の出が不足しているとフックせずに吐き出されてしまいますので、餌を付ける時の注意点として、「針先を十分に出す」を心がけてください。

 

ジグでワームを使う場合は、ボトムでパンピングが有効だと思います。リフトフォールよりは、カジカのノロマ気質には合っているかな?笑。根掛かりが多い場所でボトムのパンピングが出来ないポイントではリフトフォールに頼りがちですが、カジカの場合は最初の魚信(アタリ)が鈍い時もあるのでテンションはある程度かけておくことをおすすめします。

 

ロッドやリールはどんな物でも釣れます!笑。ただ、引き上げることを考えるとタモ無しでは秋鮭クラスの竿でないと50クラスは厳しいかもしれません。投げ竿なら30号くらいは必要かと思います!岸壁沿いにも潜んでいるのでホントに短い3m未満の竿でも十分です。リールはSHIMANOなら5000番クラス、DAIWAなら4000番クラスが適正だと思います。

 

僕のオススメする仕掛けは・・・

 

ハヤブサのイカゴロ用仕掛け


f:id:turikouta:20171129191020j:image

 

がまかつの仕掛け


f:id:turikouta:20171129191019j:image

 

カジカは難しいと思っている方も多いようですが、遠投の必要もなくて岸壁の真下でも釣れる可能性がある魚です。ファミリーフィッシングに向いていると思いますよ!

 

ぜひ、お試しあれ~♪